09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

客観的評価 

今日の日経新聞夕刊の記事を読んで・・・
え~・・・この記事を読むよりも実際の紙面を見たほうが確かです。
記憶で書いているので間違っているかもしれません(笑)

先日フィギュアスケートの採点方式がTVで話題になっていましたが、審美的要素を評価の対象とする競技の採点は非常に難しいですね。
確かに一般視聴者の受けるイメージと審判が出す採点に大きな開きが生まれることは結構存在する。
どちらが本来的に正解かは無いと思うのですが、競技採点の上では審判が正しいのでしょう。

ここで記事では客観的評価はビジネスの世界でも取り入れられていることを紹介していました。
ビジネスにおける評価は、目標を設定し、それに対する達成度を見ること。
合理的で良いと思います。
これで仕事を評価するのは合理的だと思いますが、評価する人も信頼できる人でなければ、評価される側の人間も納得できないと思います。
記事によると、ついこの前まで、多くの上司は部下の職能形態や人生に関心をもって自らの存在を賭けて部下の全てを評価していたそうです。
それゆえに信頼する上司から評価が下されると部下は納得ができたとのこと。
今は客観性を追及するあまりデジタル数字だけを見て、本人を見ないで評価するような、形式主義的に陥っているケースもままあるように思われる、と危惧されていました。







さて話は変わり、上の話題との繋がりは【目標設定】だけですw
私は学生時代にコンビニでバイトしていました。
そこのコンビニは直営店だったので、社員が店舗経営をしていました。
当然本部から目標数値が毎月くるわけです。
当然働いているバイトにも達成に協力を求めるため、数値を知らされます。
正直なところ、ありえない数値が書かれていました。
「何をどうやったらそんな数値が達成できるのか、この目標を作った本部のお前がまずこの現場へ来て実戦してみろ!!」的な目標でした。

※先に断っておきますが、数字は例であり実際の数値とは違います。
そこのコンビニは住宅地の中にあったので平均来客数が600人/日でした。

そこへきた目標数値
新商品の季節物のお弁当が200個/日(販売できる期限は30時間位だったでしょうか)

できるわけないだろう!!www
来たお客さんの3人に1人がそのお弁当を買っていく計算です。
バイトの私でも無理なことがわかります。
でもまだここまではまだ数字的に不可能じゃないですね。まだいいんですここまでは・・・。
次に1日で売り上げているお弁当の数量・・・80~150個
普段が80~100程度で近くでイベントがある時だけ130~150個。
そんな店に200個売れだと??・・・・・明らかに無理だろう。
イベントナイヨフツウノヒダヨ
シカモ800円以上スルッテネダンタカスギルヨ
ダレガカウネン

まぁ本当に不思議な世界でした。
廃棄になる分の限度金額も店店で設定されています。
その日の廃棄はそんな限度額を遥か上回る数字でした。
シャインガアマリニカワイソウダカラ、
ソノウレノコッテルマダハイキジャナイオベントウ、
バイトミンナ1コズツカッテカエッタヨ・・・


当時大学生の私がそこで思った事
コンビニ業界には絶対就職したくない\(^o^)/
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/14 Fri. 17:23 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

14

コメント

 

そんなことを聞くと、僕もコンビに業界なんかに就職したくないです。バイトもあまりしたくないですw
結局売れ残った弁当をバイトの方が買う=給料減ったと同じじゃないですか!!
しかも、800円って高い・・・・
まぁ、最近は不況なのでこんな話も聞きます。
ある店で、某ゲーム会社のゲーム機P○3の在庫が余ったから、社員の給料からP○3の値段分引かれて、P○3を買わせられた。
なんていう悲惨な例もww

関係ないですけど、美人時計はどこにあったのですか?美男とか美老人とか見たいです^-^

URL | 星空 #wO/sKLvk | 2010/05/15 18:13 | edit

 

弁当を買ったのは頑張ってる社員を助けるために自主的に買ったので、強制はではないですw
P○3の事件は悲惨ですね・・・。
美人時計はとあるブログで使われてたので「これはいい!」と思ってパクってきました。
さすがに美老人はなかったようなwwwwwwww

URL | まいるどせぶん #- | 2010/06/08 17:15 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mildy124.blog7.fc2.com/tb.php/268-ee5db3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。