05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

製造 

ここに書くのはあくまで個人的意見です。
自分がやった実験ではこうだったというだけなので、信じないでください。
実際がどうか分かりませんし、他の方が実際にどうかも分かりません。
分からないものは分からないと書くし、実験の結果そうだったものはそう書くのみ。

①con 製造成功確率
con20=1%UP(小数点以下は不明)

②sen 補正の付き易さ
高レベル装備になれば、senが低いと補正が付き難くなる(実験済み)。
数値が高いほど良い補正が付くわけではなく、単に補正が付くかどうかの確率(たぶん)。

③成功率が変化する材料
品質が高い材料を使えば成功確率UP(確実)。


【その他情報】
よく言われているのは品質高い材料を使えば耐久が良くなる。
これについては1%も同意できません。
耐久は材料によって左右されないと思います。

例1
165ソルジャー腕を銀鉄(品質50)で製造しました。出来上がりは耐久30~60前後でした。
友人の協力で同じ物をティアール(品質68)で製造しました。結果同じの耐久30~60前後でした。
ティアールでは10~20個製造。

例2
アーチエンジェルウィングとアーチデビルウィング
これらはほとんどの人がレーヨン(品質75)もしくは綾織(品質68)を使って製造していると思います。
それにも関わらず耐久が低い物を見かける。
精錬0で元から50台など見かけます、加えて精錬6~9でカンストしていないものも多数。
(これは耐久低くなったから売っているのかもしれませんが。)
要するに、品質高い材料を製造で使えば耐久が高くなる確率が上がる・・・とは言えないと思うんです。

元から高耐久で出来上がる可能性が高いものを製造した結果では意味がありません。
元々高耐久で出来る確率が高いのだから、全く検証の材料にはなりません。
というか高耐久が出来る確率が高いのに、わざわざ品質を上げても検証対象としては相応しくないのだから。
低い耐久で出来上がるものを高品質の材料で製造した場合に高くなるデータが無ければ、この情報は信じられません(個人的に)。

結論
私は品質で耐久は変わらないと思います。
それぞれ製造する人が何をどう思おうが自由です。
結局のところ製造者自信が満足いく結果を得られれば良いだけ。
要するに悪い結果でも「これで駄目ならしょうがない」と諦められる理由を持てればいい。
人生そういうもんですよね。
仕事でもそうですが、依頼主を納得させられればその時々の結果なんて失敗しようが何しようがはっきりいってどうでもいいんです(利益は別として)。
失敗なんて当たり前で、依頼主を納得させた上で、次回策がどうであるかのほうが問題です(依頼主の満足も自分の利益も)。
世の中これすら実践するのが難しいですけどね^p^;;;

全然製造とは関係ない話になって終わりましたorz
私、今、病んでるんでしょうか・・・リフレッシュにお酒でも買って帰ります♪♪
【追記】
見方を変えれば、高品質の材料を使うとある意味高耐久が出来る可能性が高いです。
例えば成功確率が銀鉄で70%の物をダマスカスで作るとおそらく99%でしょう。

100個作った場合
成功確率だけで考えれば銀鉄だと70個できます。
成功確率だけで考えればダマスカスだと99個できます。
99個出来上がったほうが29個多いです。
当然、70個と99個では99個のほうが多いです。
したがって99個できたダマスカスを使ったほうが、可能性を考えると29個分の高耐久が出来るであろう必然性が生まれます。
=高耐久ができる可能性が高いことになります。


あと1つ・・・
成功率が変化する材料に関して、この材料次第で製造物へ何らかの影響があるかもしれない可能性が残ります。
例えば武器・盾だと穴が開き易いとか、防具だと良補正が付きやすいとか・・・。
これは正直実験するほどの材料を持ち合わせていないので検証出来ませんwww
スポンサーサイト

Posted on 2009/06/05 Fri. 16:06 [edit]

category: AruaOnline

TB: 0    CM: 3

05

コメント

 

材料による耐久の影響ですが、最近高品質の材料で製造してます。
300以上はやりましたが、全体的に耐久が上がってました。
しかし30個作って低品質材料と大して変わらない
耐久だったりと、運の影響がほとんどだと思います。

結論
50個程度なら運次第
大量生産なら品質の影響アリ
僕はこんな考えです。
まぁ300程度で答えなんて出ませんがw

URL | しーま #4E/hvK92 | 2009/06/05 20:00 | edit

 

旧からずっと製造やってますが

結局こういうことだと思うんです

>要するに悪い結果でも「これで駄目ならしょうがない」と諦められる理由を持てればいい。

だからこそ、羽みたいな大量製造できないやつは高級品質でb

品質50でやって、耐久低いのが出来たら
「あ~レーヨンでやればよかった」となっちゃいますからねぇ

アルアの製造は保険をどの程度までかけるか?ってところでしょうか

追記
ちなみにクラウンSA20とCSが連続で出来た時のアティステ

Con270 Sen375 (エメ3×3のみ^-^)

URL | びぜん #- | 2009/06/06 10:22 | edit

 

ほぼ初めての製造ですが、SA20なんて出来たことはありませんorz

ひ、ひとつだけ良いの出来たぉ(>_<*)
エンジェルウィング int6
この時はsen396でした(エメ3×5^-^)

やっとE7が2個できたのですが、結局高レベル装備で良い物が出やすいには5個ないと不安なわけでwww
あと3個できないと進みません^p^;

URL | まいせん #- | 2009/06/12 12:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mildy124.blog7.fc2.com/tb.php/169-d38f0dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。